1. トップページ
  2. ニュース・イベント
  3. ニュース

ニュース

2017.02.24

パーク情報

NEW

中野セントラルパークは華やいでいます~春の園芸部とお花

中野セントラルパークサウス1階のエントランスの一角で、チューリップとムスカリの花が満開に咲いています!
このお花は、中野セントラルパークのオフィスワーカーたちが大切に育てたものです。

中野セントラルパークには、オフィスワーカーが植物を育てる『園芸部』という部活動があります。
普段は野菜やハーブなど食べられる植物を育てていますが、毎年今の時期だけはお花を育てています。
園芸部の部員たちはお正月明けから球根のお世話を始め、丁寧に大切に育ててきました。
部員たちは日々の仕事をこなし、時間を作って植物のお世話をしていますが、皆さんとても楽しそうに植物を育てているのが印象的です。
ある時には植物からパワーをもらい、時には植物の成長と自分自身を重ね、そして植物と触れ合い癒されるとのこと。
「お花には野菜とは違った良さがある」と私は思うのですが、お花はより自分が育てた子を愛しく感じるというか、まるで子供を見る目に近いメロメロになる愛情を部員の方々から感じました。
その証拠か、お花の近くを通りかかった部員以外の人々も、なんだか優しい表情でお花を見てくれているように思います。
お花があると部屋がパッと明るくなりますが、人の心の中も華やかにさせるような効果があるのかもしれもしれませんね。
華やぐ中野セントラルパークのエントランスから、少し早めの春の便りをお届けしました。

サムネイル

2017.02.17

パーク情報

高円寺でポッカポカに!スープ&煮込みフェス『熱汁祭』

寒さが厳しい今日この頃ですが、今の時期にピッタリで超嬉しいイベントがお隣高円寺にて今週末に行われます。
その名も『熱汁祭(あつじるさい)』。様々なスープと煮込み料理が楽しめるイベントです。
お店は高円寺・阿佐ヶ谷・荻久保・新宿より計14店舗が出店し、自慢のホカホカ料理に腕を振るいます。
メニューはトムヤムクン、牛スジの煮込み、いも煮、スープカレー、ガンボスープ、ポタージュなど。
この熱汁祭でしか出さないといったオリジナルメニューを提供するお店もあるようなので見逃せませんよ。
他にも沢山のメニューがあるので、思わず目移りしてしまいそうになりますが、600円のチケットで2杯食べられるので、色々なパターンでお楽しみください。

高円寺駅は中野セントラルパークから徒歩圏内なので、気軽に行き来ができそうなのも嬉しいです。
また、同日に高円寺のまちを巡る『KOENJI QUEST(高円寺クエスト)』というイベントもやっていますので、熱々スープを飲みながら高円寺のまちへ繰り出してみましょう!

●熱汁祭
日時:2月18日(土)、19日(日) 11:30~15:30
場所:高円寺北口駅前広場
https://www.facebook.com/atsujirusai/

サムネイル

2017.02.10

パーク情報

中野セントラルパークをロケーションにどうぞ!

どこかに都心から近くて、緑が多い風景やオフィス風景などを撮影できるロケ地はないだろうか...。そんな時は是非中野セントラルパークを思い出してください!
公式ホームページにも記載ページがありますが、中野セントラルパークは実は沢山のCM、ドラマ、雑誌などのロケ地として使われております。

屋外のパークアベニューでは、200m以上続く長いタイル張りの敷地が、様々なシーンに使われてきました。
レールを敷いて広々と撮影をすることも可能ですし、大きなセットを組み立ててその中で撮影を行った時もありました。
角度を変えれば木々の多いシーンにも、街の中を歩いているシーンにも使えますし、何より車や自転車が通らないので、使い勝手が良いそうです。
映像も写真の撮影もお任せあれな、便利な場所となっております。

その他にも、建物内のオフィスロビーやエントランスなどでも撮影が行われてきました。
こちらはオフィスワーカーの仕事の妨げにならないように、祝日や深夜~早朝に行われていることが多いので、知らない人も多いかもしれませんね。

今までもTVを付けたら「あれ...見たことある場所だ」と思っていただけた方々もいらっしゃったのではないでしょうか。
これからも中野セントラルパークが色々なロケ地として、活用されると嬉しいですね。
今年はどんなドラマやCMに使われるのか、そしてどんな俳優さん女優さんがいらっしゃるのか...今からちょっと楽しみな撮影のお話でした。

◆中野セントラルパーク撮影詳細ページ
http://www.nakano-centralpark.jp/satsuei.html

サムネイル

2017.02.03

パーク情報

福豆で邪気を一掃!今日は新井薬師節分追儀式

本日は節分。
中野駅周辺は「新井薬師節分追儀式」が盛大に行われるので注目です。
毎年豪華なイベントと、著名人・芸能人が多く集まるので、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

節分会は中野サンプラザ前にて行われる、『丹内鹿躍り』から幕を開けます。
野生の鹿が群れ遊ぶ様子を表現し、五穀豊穣・悪魔退散を祈る神聖な踊りとなっていて、力強い美しさが魅力です。

15時からは著名人による『お練り行列』が行われます。
中野サンモール→中野ブロードウェイ→薬師あいロードを通りながら、「福豆」を手渡しで受け取れちゃいます。
毎年必ず力士の方が来てくれるのですが、力士は四股(醜)を踏むことから、鬼を踏みつけて悪魔退散させると言われているそうですよ。

最後は梅照院へと向かい、いよいよ『豆まき』です。
ここからは気合を引き締めて挑みます。
「魔」を「滅」することから始まった『豆まき』ですが、梅照院では炒り豆・落花生・小粒のミカンなども飛んできますので、頑張って福をつかみ取りましょう!
福豆には邪気を払い、福を呼び込む力があるとされていますので、1年の無病息災を祈りながら自分の年齢の数だけ食べて、鬼を追い出してくださいね。

サムネイル

2017.01.27

パーク情報

明治の中野にビール会社があった!?製粉業が盛んだった中野

中野坂上方面に出向くと、江戸時代の中野が麦や蕎麦などの製粉業が盛んで、その後ビール会社ができるなど地場産業が栄えていたという歴史に触れることができます。

江戸時代の青梅街道は需要な幹線道路の一つで、物資輸送路のライフラインであり、その中でも中野宿は最後の宿場とあって多くの物資が集まる場所でした。
中野坂上駅から近い神田川の淀橋付近にも昔は水車があり、様々なものを製粉していたそうです。
淀橋近くにある石森製粉株式会社さんの前には巨大な石臼が置かれており、当時の名残を確かめることができます。
また、神田川から程近いお寺「宝仙寺」の境内には『石臼塚』という石臼を供養するための塚があります。
製粉業が盛んだった中野では多くの石臼が使われていましたが、機械化の流れとともに石臼は不要となり、道端に放置されることが多かったそうです。
そんな捨てられた石臼を集め積み上げて、供養するようになったのが石臼塚の由来だそうです。
こんなに大きな塚が出来上がるほど、中野は多くの人が製粉の仕事をしていた時期があったということにただただ驚くばかりです。

明治18年には、中野で製粉業を営んでいた浅田甚右衛門が『浅田ビール』を発売しました。
ビール瓶には「NAKANOMURA」と表記したラベルが貼られ、上野で開かれた内国勧業博覧会で入賞するなど人気を博したそうです。
130年以上前の中野にビール会社があり、現在の中野にキリングループが移転してきたのも、なにか不思議な縁を感じる、中野の意外な歴史でした。

サムネイル

2017.01.20

パーク情報

中野四季の森公園の芝生は1年中緑色の特別仕様!

冬将軍が中野区にも襲来し寒い日が続くこの頃ですが、中野区さんが管理している『中野四季の森公園』の芝生は今日も青々と元気です!
毎日見ている人はあまり何とも思わない風景かもしれませんが、実は芝生が365日青々しているのはちょっと珍しいことなのです。

芝生には2つの種類があります。
夏は元気で冬には枯れてしまう「夏芝」と、冬は元気で夏には枯れてしまう「冬芝」。
東京近郊では夏芝が多く植えられています。
四季の森公園の芝生は、夏芝と冬芝が両方植えられていて、季節によって片方が枯れても、もう片方が元気なので1年中緑色の芝生が保たれています。
しかし芝生が2種類ある分、メンテナンスも倍必要なようで、養生の期間なども長く必要となってしまいます。
特に痛んだ場所を補修するのは、新しく芝を張り替えるかタネを植えて育ててあげる必要があり、なかなか大変なことのようです。
現在、痛んだ場所には冬芝のタネが撒かれています。タネはシートで保護されて大切に育てられていますね。

緑の少ない冬でも青々した広い芝生が見られるのは、目の保養になる気がします。鳥たちも喜んでいるのか、たくさん集まって来ていますね。
寒さが厳しいので成長が遅そうですが、養生が開けるのが待ち遠しいです!
これからも中野セントラルパークから、隣の青い芝を見守っていきたいです。

サムネイル

2016.12.23

パーク情報

明日からクリスマス!中野のキラキラ☆イルミネーション特集

クリスマスが迫り、中野駅付近はイルミネーションやライトアップでまち全体が賑やかになっております。
夜に中野サンモール商店街→中野サンプラザ→中野セントラルパークと歩いて行くと、イルミネーションツアーが出来ておすすめ。今日からでも見に行けますよ!

中野駅北口を降りて目の前に見えるのが中野サンモール商店街。
毎年クリスマスが近づくとアーケードにイルミネーションが出現し、入り口真ん前から見るのがベストポイント!
歩きながらでも、天井に目が奪われてしまいます。

中野サンプラザではカリヨン広場の時計台がクリスマス仕様になっています。
時計台の回りがライトアップされ、4色に移り輝き、時間ごとにカラクリ時計とメロディーが楽しめちゃいます。
また、館内ロビーにはクリスマスツリーのディスプレイが施されており、写真撮影にぴったりのスポットとなっております。

そのまま中野セントラルパークに向かうと、パークアベニューではランタンやLEDで飾られた木々が、訪れる人を優しく出迎えてくれます。
大学側に進んでいくと、今年からお目見えした雪だるまのライトオブジェが出てきます!
雪だるまは地域の子供たちが作った、地域参加型のオリジナルイルミネーションとなっております。
じっくり見ていただくと、一体一体全て違っていて、それぞれに子供たちの個性が表れていますよ。
昼間は思いっきり遊んで、美味しいものを食べて、夜はイルミネーションで煌めく中野を楽しんでくださいね。

サムネイル

2016.12.21

ショップ

スペイン料理のマドリードからお弁当のご紹介、ラムの煮込みカレー風 シェリー風味

中野セントラルパークサウス1Fのスペイン料理【マドリード】では、

ランチの他にお弁当もご用意しております。

  

同僚の方と公園やオフィスでお弁当はいかがでしょうか?

 

お野菜も入ってヘルシーなお弁当をご用意しております。

 

お弁当のみ税込で500

キリンの生茶つきで600でご用意しております。

 

ぜひご利用ください。

サムネイル

  • サウス
  • イースト

サウス マップ

サウスのフロアマップを詳しく見る

イースト マップ

イーストのフロアマップを詳しく見る

就業者の方の特典はこちら

WEBクーポンはこちら

このページの先頭に戻る